会社沿革

昭和32年 2月 会社設立酸素の販売を目的として充填工場の建設、製造を開始
(所在地:愛媛県松山市南斎院町920番地)
昭和39年 2月 高圧ガス容器の耐圧検査設備を新設
12月 液化酸素の貯槽並びに充てん設備を増設
昭和40年 1月 液化酸素ローリーを購入、液化酸素の供給を開始
昭和45年 8月 液化酸素の需要増加に伴い、液化酸素ローリーを増車
昭和46年 8月 液化窒素の貯槽並びに充填設備の新設、製造販売を開始
昭和53年 4月 液化酸素ローリーを購入
昭和55年 8月 医療用ガスの販売を開始
昭和57年 4月 医薬品製造許可を取得
昭和58年 7月 医薬用具販売業を開始
昭和59年 10月 液化炭酸貯槽並びに充填設備を新設、販売を開始
12月 医療専用の液化酸素ローリーを導入
昭和61年 7月 液化石油ガスの販売を開始
平成元年 10月 食品添加物製造業許可証を取得
平成4年 7月 事務所の老朽化に伴い、新社屋を建築
平成5年 12月 液化酸素の需要増加に伴い、液化酸素ローリーを増車
平成7年 1月 液化窒素ローリーを導入、液化窒素の供給を開始
平成9年 4月 会社事業所並びに充填工場を新設移転
(現所在地:愛媛県松山市西垣生町2877番地)
10月 空気液化分離プラントの建設(1号機)
液化酸素並びに液化窒素の自社製造を開始
液化アルゴン貯槽並びに充填設備の新設、販売を開始
液化アルゴンの貯槽新設
アルゴンガス30MPa充てん設備を新設
平成10年 4月 高精度ガス分析装置を導入
10月 消火用ガス「アルゴナイト」30MPa充填設備の新設
平成11年 4月 高圧ガス容器の、容器輸入を開始
10月 消火用炭酸ガスの充填を目的として、液化炭酸の充填設備を増設
平成13年 3月 窒素ガス40MPa充填設備の新設
9月 高圧空気30MPa充填設備の新設
事業の拡大に伴い、隣接地へ倉庫を増築
平成14年 2月 窒素カードル(30MPa)3基導入
6月 液化酸素ローリーを増車
平成15年 1月 液体窒素の需要増加に伴い、液化窒素ローリーを増車
9月 液体酸素の需要増加に伴い、液化酸素ローリーを増車
高圧ガス容器の耐圧検査設備を増設
消火装置用液化炭酸ガス貯槽並びに充填設備の増設
11月 高圧空気の需要増加に伴い、30MPa充填設備を増設
平成20年 5月 空気液化分離プラントの建設(2号機)
平成21年 10月 耐圧装置を需要に増加に伴い増設
平成22年 5月 消火装置用ガス容器の専用ストックヤードを建設
平成24年 8月 日本ドライケミカル株式会社と合弁会社を設立
(社名:株式会社イナートガスセンター 出資比率50%)
消火装置用ガス専用充填工場の建設
平成25年 4月 株式会社イナートガスセンター充填工場の建設、製造を開始
7月 一般建設業許可証の取得
令和元年 5月 坂出市に空気液化分離プラント(VSU18号機)の建設、製造を開始
(讃岐液酸株式会社の運営)